<トリミングサロンのオカネの話>

・売り上げ金額

一番気になるのが売り上げ金額はどれくらいあげればいいのかという問題でしょう。成功したトリミングサロンFさんの例をあげてシュミレーションします。
開店当初 仕上げのできるトリマー1人にアシスタント1人のスタッフの場合。
開店当初は月に50~70万円平均してあげられたら理想でしょう。初期投資分を返しながら、うまく回っていけば半年もしくは1年後にやっとそれだけで生活ができるようになるくらいでしょうか。

10年後
その後、お客様もついて、うまく回転し続け、スタッフも2~3人増やしていけば、10年後には売り上げが月300万円平均、夏の忙しい時期だと500万くらい・・になっていきます。これくらいで「成功したトリミングサロン」といえるでしょう。

・お店の売り上げの内訳

トリミングサロンとして看板を出している以上トリミングがメインですが、ホテルを併設するサロンが増えています。Fさんもホテルをされていますが・・
売上比率の実情は

トリミング・・・50%
ペットホテル・・50%(物販・・・1%程度)

驚くのはペットホテルの売り上げとトリミングの売り上げが半々であること。ホテルはトリミング業務より断然経費がかかりません。手間も人件費も光熱費(他)もかからない実際はトリミングと同等の稼ぎがあるわけです。

ただ、だからといってペットホテルだけやっていても同じ収益はきっとないでしょう。トリミングで良くしてもらっている所だからこそ、気軽に預けられる、そこにポイントがある。トリミングを丁寧に提供するからこその信頼からホテル業が上手く行っている・・そんな良い例といえます。

<売り上げと作業の限界>

トリミングサロンAの店長さんのお話(スタッフ3人のアシスタント1人のショップです)

「1日の売り上げを10万にするのは本当に大変です」。
先生クラスのトリマーが1日フル回転で働いて、さばけて10頭も(カットとシャンプーの犬の場合)で限界です。色々な犬種がいますが、1頭平均単価5000円とします。それでも5万円ですね。1人では10万円上げれる訳がない・・というのが本当のところです。

Aさんでは、スタッフ4人でうまく回ったとしても9万5千円が限界。どれだけトリミングだけで月に300万上げるのが大変かということです。