<さまざまな広告方法>

ペットビジネスの理想の広告は「お客様の口コミ」です。実際長年営業している人気のホテルでは口コミ紹介とリピーターだけである程度の収益を確保されているところも多いものです。ホームページを公開しているだけである程度の集客が見込めるようになれば本物と言えるでしょう。
ただし営業を始めた時にはまず多くの方々に存在をしっていただくため、広告宣伝の努力は不可欠なものです。事業を大きくするためには不可欠な要素ですので、出来る限りのことをしていきましょう。

広告方法については様々な形があります。
・無料掲示板やサイトなどへの掲載
・新聞掲載・ホームページ
・ホームページの有料広告への登録
・チラシくばり(自分の足でまく)
・チラシくばり(有償で新聞に入れ込む)
・電話帳広告
・フェイスブックやツイッターでの投稿
・フェイスブック付属の有料広告など

地域やターゲットにしたい客層で重点をおきたい方法は若干かわります。
一番低コストで効率がいいのは やはりホームページでの有償の宣伝でしょう。リスティング広告や、アドワーズ広告、SEO対策など。広告料金もかかり設定や調整に時間と手間はかかります。しかし効果は必ずあります。

最近ではブログやFacebook、ツイッター、Mixi、など、SNSを利用した宣伝も盛んに行われています。大切なのは楽しみながら情報をどんどん公開していくことです。宣伝なしにはお客様の獲得は見込めません。

いずれにしても、ホームページを正当な形で作りこみ、日々ブログやツイッターで更新するという地道な作業が宣伝広告に繋がる事は確かです。一見遊んでいるように見える作業ですが、大切な営業活動です。コツコツと取り組みましょう。

<地道な営業活動>

トリミングサロンの「営業」はとても特殊です。それはお客様の犬自体が宣伝になるということです。インターネットや紙媒体にお金をかけて広告するよりも効果があります。

丁寧に可愛く仕上げて、犬に生きた広告になってもらい、口コミで広めてもらう事が一番なのです。全国どこでも、公園やお散歩コースでのお客様同士のネットワーク力は強いものです。(嫌な噂も広まるのが早いので注意が必要です。)

その広告塔になってくれる犬達にお店オリジナルのチョーカーやリボンなどをつける事で、飼い主さん達の繋がりもでき、より一層の広告効果が期待出来ます。少しの手間と気遣いですが、それがお店の売りになっていくのです。

いい情報を流してくれる「いいお客様・広告としての犬」を増やすことができれば、自然とリピート率もあがります。それこそが常に繁盛する店のコツと言えます。

当たり前のことですが、大切なのは基本をちゃんとこなすということです。見えないところをちゃんとする。爪ヤスリを綺麗にかける。耳掃除を丁寧にする。足裏の毛を丁寧にカットする。お客様は見ていないようで見ています。普段の愛犬との生活の中でちょっとした雑さにはすぐ気付くのです。

そして何より一番大切なことは、いい広告塔になってもらうために「可愛く切る」という事です。当たり前のことですが、当然これにも技術が必要です、可愛く切れるようにならないと、意味がないのです。