ペット介護士マニュアル
トップ
<さまざまな広告方法>
 

ペット介護サービスの理想の広告は「お客様の口コミ」です。
ペットシッターやトリミングサロンなどと違い、ペット介護サービスの顧客はそんなに長い期間のリピーターにはなってくれません。(介護サービスの必要な老犬老猫はどんなに心をこめて介護をしても平均すると1年以内に亡くなってしまうものだからです)
リピーターをあてにして営業が出来ない分、常に新規のお客様を探し続けていかねばならないのがペット介護サービス業の宿命とも言えます。

だからこそ「お客様の口コミ」は何にも代え難い営業支援になりえます。
愛犬家愛猫家のネットワーク力は強いものです。近所のイヌ友ネコ友が介護サービスを頼んでいたら気になるのが仲間の人情、どんなサービスをしてもらいどれくらいの対価を払ったのか、その結果どうだったのか、満足したのか、、絶対に口コミで噂は伝わっているものです。いずれその方達のペットも歳をとり介護が必要な状況がやってきますから、その時に「そういえば・・」と思い出していただけるような介護士でいたいものです。
1件1件のサービスを真心こめて行っていくのがまずは一番大切なことと言えます。

新規のお客様を獲得する為にはまず多くの方々に存在をしっていただくため、広告宣伝の努力が不可欠です。
事業を大きくするためには不可欠な要素ですので、出来る限りのことをしていきましょう。

広告方法については様々な形があります。

・無料掲示板やサイトなどへの掲載
・新聞掲載
・ホームページ
・ホームページの有料広告への登録
・チラシくばり(自分の足でまく)
・チラシくばり(有償で新聞に入れ込む)
・電話帳広告
・フェイスブックやツイッターでの投稿
・フェイスブック付属の有料広告
など

地域やターゲットにしたい客層で重点をおきたい方法は若干かわります。

一番低コストで効率がいいのは やはりホームページでの有償の宣伝でしょう。
リスティング広告や、アドワーズ広告、SEO対策など。
広告料金もかかり設定や調整に時間と手間はかかります。しかし効果は必ずあります。

最近ではブログやFacebook、ツイッター、Mixi、など、SNSを利用した宣伝も盛んに行われています。
大切なのは楽しみながら情報をどんどん公開していくことです。
宣伝なしにはお客様の獲得は見込めません。

いずれにしても、ホームページを正当な形で作りこみ、日々ブログやツイッターで更新するという地道な作業が宣伝広告に繋がる事は確かです。
一見遊んでいるように見える作業ですが、大切な営業活動です。コツコツと取り組みましょう。

 

 
<地道な営業活動>
 

ご自宅で介護サービスやシッターを開業された場合、毎日の外出時全てが営業活動にあたると言っても過言ではありません。
まずは「イヌ友」「ネコ友」が最初の営業相手になるでしょう。
チラシや名刺は常に携帯し、ワンちゃんを連れている方に出会ったら寄って行き仲良くなり名刺をお渡しするくらいの営業魂を持ちましょう。

例えば朝ゴミを出しに行くとき、ゴミ捨て場にノラ猫がいたとします。
シッシッ!とコワイ顔をして追っ払っている姿を近所の奥様(愛猫家)に見られたとしましょう。
その奥様の愛猫が要介護になったとしても、依頼は来ないでしょう。
ご近所で貴方の介護サービスが噂になった時、きっとその奥様はきっと「あの人?介護士っていっても鬼みたいな人よ!」と言うでしょうね。

全ての行動が営業活動に繋がります。気を引き締めてのぞんでいきたいものです。

 

 
 
ペット介護トップ
開業準備
広告・営業活動
実業務の詳細
トラブル対策